合同説明会でわかること

会社の客観的な情報というのはネットでも見ることができるので、可能な限りはネットで調べておくのが良いです。


そして、合同説明会ではそこでしかわからないことというのを聞く方が良いでしょう。



ネットで調べるよりも合同説明会に参加する方が面倒なので、わざわざ行くのであれば目標を持って行った方が良いということです。なので、合同説明会では会社の人のことなどを質問するのが良いでしょう。

これで何がわかるかというと、自分が実際に働く際のイメージができます。


働く際には、もちろん自分の実作業や人間関係というのを具体的にイメージできればその方が良いです。

市場全体における自分のスキルアップというようなことを考える必要はあるのですが、実際にその会社での作業や人間関係が負担になると続かないでしょう。特に最近は若い人を中心に仕事よりもプライベートを優先し、また仕事をするのはプライベートのためのお金を稼ぐというようなこともあるのです。

またそもそも会社以外の選択肢も多く、収益の得方は多様化しています。



なので説明会どころか自分で収益を得られるということであれば会社に入る必要性がなくなります。
会社に行くのも個人でやるのも完全に自由な時代なので、説明会位は細かいことということになります。
一番重要なことは自分の知識やスキルに対して投資するということで、説明会にしても自分の勉強ということです。



人に対するアピールよりは自分の能力アップです。